ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

家庭菜園はじめました(*^▽^*)

畑作業

こんにちわ。みかんです(#^.^#)

コロナ禍で外出等を自粛していて、写真を撮りに行ったり遊びに行けなくて、なかなかブログを書くネタに困っていました(笑)

そこで以前からこっそりと計画していた家庭菜園を始める事にしました。数年前に少し、していましたが共同でしていた方が病気で亡くなり一人で維持する事が困難になり畑作業から遠のいていました(;^ω^)

そして今回は、家を建てる予定だった(色々あり建築を断念)土地があるのでそこに1から畑を作ろうと決心しました(#^^#)ちなみに1から畑を作るのは初めてです(;^ω^なにから手を付ければいいのか全く分からない状態でスタート(;^ω^)

初めに言いますがかなりキツイ作業になります。

ベランダで家庭菜園を始めたい方はコチラ↓
【初心者でも出来る】家庭菜園をプランターで始める為に必要な3ステップ
家庭菜園をプランターで始める為に必要最低限な3ステップ大きく分けて3ステップあります。 まずはプランターの購入 プランターの準備 苗の植え付け以前に畑を作った時の紹介なので参考までに↓家庭菜園を始める為のプランター選びプランターには色

まずは何をすればいいの?

とりあえず大体の畑の広さを決めてひたすら掘って土を耕す(笑)当然素人なので耕運機等の機械も無いのでスコップと鍬で掘って耕すを繰り返していくと言う気が遠くなる作業を続ける(;^ω^)

ある程度、土を掘り起こせたら

その土地がどんな土の質をしているのかを確かめる。例えば土がサラサラしているのか?あるいは粘土質なのか?

ちなみに私の土地は粘土質でした。スコップは全然入って行かないし硬いし、とにかく掘り起こすだけでもかなり大変でした( ノД`)シクシク…

粘土質の土はそのままでは畑に適さないので土壌の改良をしてあげないといけません。

粘土質ってどんな土?

粘土層は、土の粒子が細かいため、少しの雨で固まり、乾くと固くなってしまう。
そのような状態となると、野菜の成長に必要な水や空気が通りにくく、野菜の根がよく育たなくなり、野菜づくりに不向きなのです。

まずは下準備として土壌改良をして水や空気が通りやすいフカフカの土にするために、堆肥や腐葉土などの有機物を入れて深く耕すことが必要。これがまたかなり大変(;^ω^)

私が使った肥料はバーク堆肥と腐葉土と鶏糞です。一人で必死に耕した成果は初日でこんな感じです

ちなみにここまでかかった時間は約3時間ほどです(;^ω^)

畑の規模も大体決まったので

さて本格的に土壌改良をしていきます。作業工程は上記のひたすら耕す!これしかありません(笑)これほど耕運機が欲しいと思った事は人生で初めてです(笑)

上記の写真から1週間、時間を見つけては耕すを繰り返して頑張った自分を褒めたい(笑)その成果はこちら

一応形になったので記念に玉ねぎとサニーレタスを植えました(*^▽^*)来年の収穫が楽しみ( *´艸`)

次の目標は

畑の規模を広げる事と畑の奥にコンクリートを打って物置小屋を自作で建てる事です。やりたい事がたくさんあって仕事が手につきません(笑)暇さえあれば色々調べているので寝る時間がない(笑)

最後に

作業を始めた初日は正直、心が折れそうになりましたが規模は小さいですが達成感はかなりありました(#^.^#)あと、作業するのに服装は考えないといけません。私は何も考えずにジーパンとかで作業したのですが…

かなり動きにくい(笑)翌日にはワークマンに作業服を買いに行きました( *´艸`)

最近、ワークマンに行く事がなかったので行ってビックリΣ(・ω・ノ)ノ! 今は作業服だけじゃないんですね(*^▽^*)ちょっとオシャレなアウトドアウェアがあり機能性もかなりいいみたいですね。今度、買ってみたいと思います 次は畑の規模を少し拡大しようと思っているのでまた頑張ります(笑) それではまた更新しますので見に来てください(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました